読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水のない場所に咲いた花

西のかっこいい子たちがすきな人のたわごと。

12月14日、松竹座

昨日のXmas Showの話をしようと思う。

忘れられないしきっと忘れないコンサートなんだけど、少しでもこの目で見たことを残しておきたくて、この場を使って書いてみることにする。

 

12月14日17時30分、いつものようにXmas Showの幕が開いた。

関ジュサンタが出てきて、いつものようにシュールなボウリング芸したり観客にいぇーい!って言わせたり。道長がでできて長尾くんが「なななな〜、なななな〜、ななの次ははち〜!」とかも言ってたなぁ。いきなりのジョイマンに「古!」って言われてたし、いつの間にかタンクトップじゃなくなっててびっくりした。

 

そんなこんなで幕が開いて、はぴらきを踊ってXmasメドレーが始まったところ、WISHの最中。

ぶつっと音がして、急に音が止まって。

本来は花道にスポットが当たってトナカイ5人が踊る場面だったんだけど、龍太くんとか康二くんとか、いわゆるメインの子たちがステージに登場した。

「ふっふっふ、これはね〜!今日はね〜!みなさんへのサプライズなんですよ〜〜!」

みたいなニュアンスのことを言いつつ現れる康二。

「じゃあ、サプライズプレゼントってことで、龍太くんの新作一発ギャグをお見せしちゃいまーす!」という無茶振り。

ちなみに龍太くんの一発ギャグは「プレゼントッ、トッ、トッ、トッ、父さん座り!」

って言いながらあぐらかくやつだった笑。

何とも言えない反応の客席に、あれ〜?ってなるみんな笑。

そうこうしてたら上手から文一くんが登場!黒の星柄?Tシャツ、黒サルエル、黒スニーカーだったかな?

「お風呂入りに来たら音止まるから!!俺一昨日出たし!俺これ給料でる?」とかいいつつ笑

(「ちょっとだけ?日給3000円ぐらいかな」って言われてた)

もう一回トイレ休憩にしよ!って言いつつ上手通路突き進んだり、勝手に上手下手行ったり来たりしてて自由だった。笑

 

そのまま康二くんが「ちょっと早めのプチMCタイム」って銘打って、「みんなどこから来たん?」ってお喋りスタート。

「1番遠くからきたひと〜?」とかやり取りして、その場をつないで、今江にMCを振ってくれたり、奥村くんの朗読タイムが始まったりした。

最終的には「一回幕閉めて機械確認しましょう!10分休憩!」って幕降りて点検へ。

 

この辺のくだりは検索かけたらいっぱい出てくるだろうけど、本当に対応がスムーズで格好良かったです、関西Jr.。

下手袖が見える席だったんだけど、場を繋いでる間にスタッフさんが何かハンドサインを送ってたのが見えました。

きっと裏ではすごく目まぐるしく色々動いてたんだと思う。

笑顔で客席を向きつつ、そっと上手袖とアイコンタクト取った大橋くんの顔がすごく真剣だったのを覚えてる。

 

音が止まった後すぐさまアカペラで歌い出した真鳥くん。

音なしでステージで踊って場をつなぐDKちゃんたちと赤トリオたち。

2階3階に向かって笑顔で手を振るトナカイさん。

朗読振られて「新作やりまーす!」っていう準備ばっちり奥村くん。

「そこの水色のペンライトの子!あ、今口抑えたそこのあなた!」って2階3階までしっかり目を配ってくれる康二くん。

その間に1階席に地声で話しかけてくれる丈くん。

後ろの道枝くんたちに「おいで!」ってして前につれてきてあげる流星。

龍太くんに「まさや言うたって!」って言われて「しーんぱーいないさー!」って大きく叫んでくれた佐野くん。

 

もちろんその他の子だって、みんなみんな、格好良かった。

12、3歳の子もいるのに誰1人として動じてなくてすごかった。

頼もしいお兄さんたちがいてくれたからなのかな。

 

アクシデントをサプライズって言い切っちゃうの、強いなぁとおもう。

「俺がカツラ置いてきたせいかな」って笑いにしちゃう大吾くんも。

逆転裁判の主人公がよく「弁護士はピンチの時ほどふてぶてしく笑う」って言うんだけど、まさしくそんな感じだった。

アイドルもそうだと思う。というか、アイドルに限らず格好良い人はそうなんだと思う。

ピンチのとき、しんどい、いざという時にあえて笑えるって格好いいなぁ。

お顔はもちろん美しいんだけど、それ以上の、また違った格好良さを見た日だった。

 

無事復旧していつも通り公演は行われて、「帰んの遅くなっちゃうけど、もう一曲やっちゃうー!?」って言ってはぴらきが流れた瞬間の歓声、忘れられないなぁ。

どういう経緯で、誰の提案ではぴらきをやることになったかの具体的な話は定かじゃないけど、彼らなりの精一杯の気持ちなんだと思う。そして舞台やりながら裏で打ち合わせしてたかとおもうとやっぱり格好良い。

Jr.のコンサートだし、最近入った子とか、アクシデント初体験の子もたくさんいただろう。けれど、彼らはしっかりとしたプロだった。Show Must Go Onを身をもって証明してくれた。

 

今日もまた、松竹座で幕を開けるXmas Show。

結局無事最後まで見られたし怪我もなかったから「舞台は生物だからね!」って笑えるけれど、どうか危険なアクシデントだけは起こりませんように。それを祈るばかりです。

 

忘れられない一夜をありがとう、関西ジャニーズJr.!